河川洪水避難する時の注意点

夜に大雨が予想されているときは、夕方までに避難しましょう。
避難する際にには冠水している道は極力通らないようにする。マンホールや側溝付近は大変危険なのでチェックしておきましょう。

出典: 日本気象協会推進「トクする!防災」

目次
避難する際の注意
  • 可能な限り複数人で避難する
  • 浸水している場合は、傘などの棒を使って地面を探りながら避難する
  • マンホールや側溝付近は大変危険
  • 夜間に避難するのは大変危険なため、避難はできるだけ明るい時間に行う

避難する際の服装

  • 頭を保護するヘルメット等を着用
  • 動きやすい長袖と長ズボンを、軍手も着用
  • 長靴ではなく、普段から履きなれた底が厚めの靴を履く
  • 両手は空いている状態にし、非常用品等はリュックに入れて避難する

防災用品のチェックリストを確認する

近所の頑丈な建物に避難する選択肢も

  • 避難場所へ移動することが難しい場合は、近所の頑丈な建物へ避難する
  • 鉄筋コンクリート造の建物に避難。その際は斜面から離れたフロアへ
  • 自宅にとどまる場合も、できるだけ高い階の斜面から離れた部屋に避難
  • 場合によっては、消防・警察・自治体に救助の要請をする

出典:レスキューナウ

冠水しているときは足元に注意

歩いて避難するときは避難中に被災しないよう足元に十分注意しましょう。避難するルートは、できるだけ河川から離れた高い道路を通ります。事前に避難ルートもハザードマップで調べておくといいでしょう。

もし、避難する道がすでに冠水しているときは特に注意が必要です。
冠水している道では足元がどうなっているかよく見えません。歩き慣れた道であっても、マンホールの蓋が外れて吸い込まれるかもしれません。極力、冠水している道を通っての避難はやめましょう。

やむを得ず冠水している道を通る際は、杖のような棒を持って、足元が大丈夫か確認しながら避難しましょう。

水害(河川氾濫)から避難するときの心得
  • 冠水している道は極力通らない
  • 外に避難するのが危険なときは、建物の高い場所に避難する

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

2019年02月14日公開

おすすめの記事
河川洪水発生と注意点
河川洪水発災時のNG行動
災害時の知恵被災時の足の保護の仕方

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。