災害時の知恵簡易コンロの作り方

災害で電気やガスが止まってしまいカセットコンロもない時に役立つ、アルミ缶を使った簡易コンロの作り方をご紹介します。

出典: 東京都発行「東京防災」

材料
アルミ缶、アルミホイル、たこ糸、つまようじ、ハサミ、サラダオイル
  1. 17cm幅に切ったアルミホイルを横に4つ折りにして、さらに内側に向かって折ります。

  2. アルミホイルの中央に2ヵ所、左右の両端から2cmほどの部分に各2ヵ所、合計6ヵ所つまようじで穴を開けます。10 ㎝程度に切ったたこ糸を差し込んで、アルミホイルの上に3mm程度出るようにセット。たこ糸がなければ細くねじったティッシュペーパーでも代用できます。

  3. よく切れるハサミで、2本のアルミ缶を上面から5cm、下面から4cm切ります。切るときは必ず軍手をして、気を付けて切りましょう。4cmの物がコンロ本体、5cmの物が鍋やフライパンを支える五徳になります。

  4. 芯をセットしたアルミホイルを三角形に折り、4cmのアルミ缶の中に入れます。その中にサラダオイルを入れ、芯にオイルを染み込ませます。

  5. 4cmのアルミ缶の周囲に5cmのアルミ缶を均等に並べれば完成です。

  6. 鍋やフライパンの大きさに合わせて、五徳の缶の位置を調整しましょう。

出典:東京都発行 防災ブック「東京防災」210-211ページ

2019年02月14日公開

おすすめの記事
災害時の知恵身近な素材の活用術
災害時の知恵簡易ランタンの作り方
災害時の知恵被災時の足の保護の仕方

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。