台風発災時のNG行動

台風のときには外に出ないのが基本です。もし避難が必要になった場合は、周囲の状況を確認してから可能な限り複数人で避難場所に向かいましょう。

出典: 東京都発行「東京防災」

目次

台風は通り過ぎるのを待つ

台風接近時に外にいた場合は、近くの施設で通り過ぎるのを待ちます。自宅にいる場合は外出を控えます。屋根や窓の補修のために外へ出るのも危険です。

エレベーターは使わない

暴風によって電線が切れると停電になり、エレベーターに閉じ込められるおそれがあります。台風や大雨のときは、なるべく階段を使うようにしましょう。

地下からより高いところへ避難する

地上の冠水によって地下に水が流れ込み、避難が難しくなる場合があります。指定の避難場所、または地上に出て近隣の2階以上の頑丈な建物へ。より安全な場所に避難しましょう。

河川や用水路に近づかない

河川や用水路は水があふれ、激しい水の流れができることがあるので、絶対に近づかないようにしましょう。

出典:東京都発行 防災ブック「東京防災」149, 151ページ

山などの急な斜面には近づかない

大雨による土砂災害の危険度が高まったとき、土砂災害警戒情報が発表される場合があります。
土砂災害警戒情報が発表された場合は、すみやかに避難しましょう。
発表されていなくても、「斜面から小石が落ちてくる」、「湧き水がにごる」などの前兆現象が見られた場合は、安全を確保したうえで避難するとともに、自治体や警察、消防などに通報しましょう。

出典:レスキューナウ

切れた電線には触らない

切れたり、垂れ下がっている電線は、電気が通っている場合があり、感電の危険があります。近づかず、絶対に触らないこと。また、電線に樹木や看板などが接触している場合も同様です。

出典:東京都発行 防災ブック「東京防災」50ページ

2019年07月18日公開

おすすめの記事
台風台風の前にやっておくべき対策
台風暴風
台風高潮

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。