新型コロナウイルス感染症に備える

どのように感染するのか、現時点では、飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。
「手洗い」や「マスクの着用」を含む「咳エチケット」などの通常の感染症対策が重要です。

出典: アフロ

目次

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症とは?

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)と言われています。
新型コロナウイルスについてより詳しくお知りになりたい方は、こちらのQ&A(厚生労働省HP)をご覧ください。

コロナウイルスとは?
発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染するものは6種類あることが分かっています。そのうちの2つは、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスが含まれています。残り4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めます。
詳しくは、国立感染症研究所「コロナウイルスとは」をご覧ください。

どうやって感染するの?

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。

飛沫感染

  • 感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出
  • 別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染

主な感染場所
劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

接触感染

  • 感染者がくしゃみや咳を手で押さえる
  • その手で周りの物に触れて、ウイルスが付く
  • 別の人がその物に触ってウイルスが手に付着
  • その手で口や鼻を触って粘膜から感染

主な感染場所
電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

(厚生労働省)

一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策は?

新型コロナウイルスに感染しないようにするために

まずは、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行ってください。
咳などの症状がある方は、咳エチケットを行ってください。
また、持病がある方などは、上記に加えて、公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

手洗い

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

  1. 流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、手のひらをよくこすります。

  2. 手の甲をのばすようにこすります。

  3. 指先・爪の間を念入りにこすります。

  4. 指の間を洗います。

  5. 親指と手のひらをねじり洗いします。

  6. 手首も忘れずに洗います。

石けんで洗い終わったら、十分に水で流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かします。

手洗いの前に
  • 爪は短く切っておきましょう
  • 時計や指輪は外しておきましょう

普段の健康管理

普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。

ほかの人にうつさないために

咳エチケット

くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。

  • マスクを着用します。
  • ティッシュなどで鼻と口を覆います。
  • とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。
  • 周囲の人からなるべく離れます。
3つの咳エチケット

マスクを着用する(口・鼻を覆う)

ティッシュ・ハンカチで口・鼻を覆う

とっさの時は袖で口・鼻を覆う

正しいマスクの着用
  1. 鼻と口の両方を確実に覆う

  2. ゴムひもを耳にかける

  3. 隙間がないよう鼻まで覆う

新型コロナウイルス感染症が疑われる方へ

新型コロナウイルスを防ぐには
(厚生労働省)(2月17日)

「帰国者・接触者相談センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。
同センターでは、相談内容から同感染症の疑いがあると判断した場合、その方へ適切な診察を行う「帰国者・接触者外来」への受診調整を行っております。
各都道府県が公表している帰国者・接触者相談センターのページをまとめましたので、ご相談される際は、最寄りのセンターへご連絡ください。

各都道府県が開設している帰国者・接触者相談センター
(厚生労働省)(2月13日時点)

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
    (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
    ※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

(厚生労働省)

出典:首相官邸ホームページ

新型コロナウイルス感染症 最新情報まとめ

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。