台風暴風

風が強くなりそうな日は気象情報を確認し、風の強さによっては、外出をせず室内に留まるようにしましょう。

出典: 日本気象協会推進「トクする!防災」

目次

台風発生時は特に注意

天気予報では、風の強さを「やや強い風」、「強い風」、「非常に強い風」、「猛烈な風」のように表現しています。
風の強さにより、下記のような影響が出る可能性があるので、風が強くなりそうな日は気象情報を確認し、風の強さによっては、外出をせず室内に留まるようにしましょう。
また、台風の接近・通過時には、活発な積乱雲により竜巻などの強烈な突風が発生しやすくなりますので、特に注意しましょう。

台風周辺の風速
  • 強風域
    平均風速15m/s以上の風が吹いているか、吹く可能性のある範囲
  • 暴風域
    平均風速25m/s以上の風が吹いているか、吹く可能性のある範囲

[風の強さによる影響(平均風速)] やや強い風:傘をさしながら歩けない(10m/sから15m/s)。 強い風:高所作業禁止。看板が剥がれる可能性がある(15m/sから20m/s)。非常に強い風:飛ばされるもので怪我をする恐れがある(20m/sから30m/s)。猛烈な風:樹木、電柱が倒れる可能性がある(30m/s以上)。

横風を受けても焦りは禁物

天気予報で「非常に強い風」と表現される平均風速20m/s以上になると通常の速度でも運転が困難になります。突然強い横風を受けた場合に、事故が発生するおそれがあります。横風に流されないようにハンドルを強く握り、横風を受けた場合でも慌ててハンドルを切らないようにしましょう。
トラックのような大型車の場合、横転の危険性も高まります。

他の場所の風は穏やかでも、ビル風の影響を受けやすい「ビル街」や「山間部の谷間」、「山の切り通し」は強風が吹く可能性があります。また、トンネル内は横風の影響はほとんどありませんが、トンネルを出ると急に横風を受ける可能性があるので、「トンネルの出入口」は注意しましょう。
風を遮るようなモノがない「橋の上」や「海岸沿い」も横風が強くなるので、注意が必要です。

強風時の運転で特に注意する場所:横転に注意!橋の上、トンネルの出入口、海岸沿い

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

2019年07月18日公開

おすすめの記事
台風台風とは
台風高潮
台風発災時のNG行動

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。