台風台風の知識と備え

大雨・強風などが予想される場合、自宅の備えはどうしたらいいか。
自宅の近くに洪水の危険性があるか、土砂災害の危険性があるかについては、事前に確認しておくことが大切です。

出典: 日本気象協会推進「トクする!防災」

目次

大雨や台風の接近が予想される場合

大雨・台風接近前の自宅の備え

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

屋根や家の周りのものにも注意

  • 風で屋根瓦が飛べば、けがでは済まされない事故になることもあります。
  • 事前に雨漏りの心配がないか、外壁のひび割れはないかなども確認しましょう。
  • テレビのアンテナや倒れる可能性のある塀、自転車や鉢植えのように飛ばされるおそれのあるものは、ロープで固定したり屋内にしまったりといった対策をとりましょう。

事前に排水設備の点検・掃除をする

  • 排水溝のつまりが原因で、道路や庭などに雨水が溜まると、地下室・駐車場などが被害を受けます。
  • ベランダの排水溝や雨どいが、落ち葉やゴミなどでつまっていると、2階以上への浸水や天井裏への浸水などが発生することがあります。
  • 雨水の排水設備関係の点検・掃除を心がけましょう。

低地の居住者は土のうなどを用意する

  • 低地や川沿いの住居には、浸水をせき止めたり浸水の時間を遅らせたりすることができる土のうの活用も有効です。
  • 土のうがないときは、ゴミ袋に水を入れて水のうをつくり、コンクリートブロックで固定、水の入ったペットボトルをダンボールにつめ、簡易の堤防にするといった代替方法もあります。

上流にダムがある場合

  • ダムは洪水調節の役割も担ってるため、大雨時には放流量が急激に増えることもあります。
  • 放流を予告するサイレン音を聞いた場合、河川には絶対に近づいてはいけません。

居住地域の災害史を学ぶ

  • 過去にどの程度の降水量で浸水や土砂災害に見舞われたのか、など居住地域で発生した災害を学ぶことが重要です。
  • 居住地域の災害史を学ぶことで、大まかな目安として災害発生の危険性を降水量から把握することができます。

出典:レスキューナウ

2019年07月18日公開

おすすめの記事
台風台風とは
台風発災時のNG行動
内水氾濫知識と備え

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。