ガスガスメーターの復帰方法

震度5程度以上の揺れを感知したときなどに、ガスメーターが自動的にガスを止めます。
ここでは、ご家庭で幅広く使われている一般的なガスメーターの復帰方法をご紹介します。

目次

事前にガス臭くないか必ず確認してください。
ガス臭いとき、火気は厳禁です。すぐにご利用のガス会社までご連絡ください。

  • ライターやマッチなどの「火気」を絶対に使わないでください。
  • 電灯、換気扇などのスイッチに触らないでください。
    (ON・OFFする際に、小さな火花が出ます)
  • ガス臭い所へは立ち入らないでください。

自分でできるガスの復帰方法

ガスの使われかたに異常の疑いがあったり、震度5程度以上の揺れを感知したときなどに、ガスメーターが自動的にガスを止めます。
ガスメーターの赤ランプが点滅していたら、以下の手順で復帰させることができます。

※ ここではご家庭で幅広く使われている一般的なガスメーターの復帰方法を掲載します。
※ ガスメーターの機種によってその操作方法が異なります。

  1. すべてのガス機器を止める
    屋外のガス機器も忘れずに。

    つまみを戻す

  2. 復帰ボタンのキャップを外す

    メーターガス栓は開けたまま回して外す

  3. 復帰ボタンをしっかり奥まで押し込み、ゆっくり手を離す
    赤いランプが点灯した後、また点滅が始まります。
    ランプが点かないこともあります。

    2秒待つ。ゆっくり離す。

  4. ガスを使わないで3分待つ
    ランプの点滅が消えていたら、ガスが使えます。変わらないときは、もう一度(1)から。

    3分待つ。キャップを元に戻す

それでも使用ができない時は、お使いのガス会社へ連絡してください。

ガスメーターの主な設置場所例

自宅のガスメーターの場所は事前に確認しておきましょう。

玄関脇や共用廊下のメーターボックス内

外に複数並列設置
(部屋番号のシールが貼ってあります)

屋外・玄関付近の外壁

2019年02月14日公開

おすすめの記事
災害時の知恵簡易ランタンの作り方
地震発災時のNG行動
災害時の知恵消火器の使い方

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。