地震発災時のNG行動

地震では「身の安全の確保」が最優先です。
ブレーカーを上げて通電させない。電気のスイッチに触らない、エレベーターは使わないなど、発災時のNG行動ををチェックしておきましょう。

出典: 東京都発行「東京防災」

ガスに引火して爆発する危険があるので、火をつけない。

火災の危険があるので、ブレーカーを上げて通電させない。

火災や爆発の危険があるので、電気のスイッチに触らない。

閉じ込められる危険があるので、エレベーターは使わない。

電話回線がパンクするので、発災直後に不要不急の電話の使用を控える。

ケガをする危険があるので、部屋の中を裸足で歩かない。

ケガをする危険があるので、救出活動はひとりではなく複数で行う。

緊急車両の通行の妨げになるので、避難に車は使わない。

出典:東京都発行 防災ブック「東京防災」38-39ページ

2019年02月14日公開

おすすめの記事
地震避難のタイミング
地震安全に避難するチェックポイント
地震知識と備え

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。