台風豪雨の前にすべきこと

近年相次いでいる豪雨災害。家のなかの浸水被害を少しでも軽減するため、どんな備えをする必要があるでしょうか。事前に対策できることをまとめました。

出典: 国土交通省

目次

トイレやお風呂場の逆流に注意!

豪雨や浸水時には下水が逆流し、1階のトイレや風呂場、洗濯機の排水口などから水が噴き出ることがあります。

下水道の水位が急上昇することが原因で、2階でも逆流することも。対策には、ビニール袋に水を入れた「簡易水のう」が有効です。

トイレ(便器内)や排水口などに置くだけで、逆流を防ぐことができます。

簡易水のうの作り方

1. 40リットルなど大きめのビニール袋を2枚ほど重ねる

2. 水を半分程度(20リットル)入れる

3. 空気を抜き、口を固く閉める

また、浴槽の水を貯めておくと、逆流の防止やもしもの時のための生活用水として役立ちます。

小さな子どもがいるご家庭は溺れるおそれがあり危険です。浴槽への転落・溺水対策をしっかり行うか、他の手段で水を確保する方法を考えましょう。

身近なもので「止水板」をつくれる?

玄関からの浸水を防ぐためには、土のうがなくても、「簡易水のう」やプランターやポリタンク、レジャーシートなどで代用可能です。

玄関などの前に隙間なく詰めると、浸水を軽減できます。ダンボール箱に入れると強度が増します。

また、浸水時には床下収納のふたが開いて水が室内に入ることがあるため、重いものや水のうなどでふたを塞ぐ必要があります。

大切なものは「高いところ」へ

大事な家財などを高いところに避難させておくことも大切です。書類や貴重品、高価な家電製品、アルバムなどのほか、数日分の衣類や防災グッズも高いところに移動させておくと良いでしょう。

また、畳は浸水するととても重くなるため、可能であれば食卓の上にあげるなど、浸水を避けられるところに移しておくと安心です。

車も、可能であれば事前に立体駐車場や高台など、安全なところに移動させましょう。事前の避難が難しかった場合は段差に乗り上げさせるなど、エンジン部分だけでも上げておくことで浸水による故障のリスクを減らすことができます。

なお、水害時に車で避難をすることは危険なのでやめましょう。

出典:国土交通省「家庭で役立つ防災」などを参考にBuzzFeed Japanが作成

携帯電話等の充電やガソリンを満タンに

  • ライフラインの停止が長引く可能性もあります。もしもの時のため、飲料水や食糧、携帯ボンベ式コンロなどの防災グッズを揃えておくことが大切です。
  • インターネットや携帯がつながらなくなったときのため、ラジオが役に立つこともあります。
  • 携帯電話や予備バッテリーの充電を満タンにしておくほか、自家用車がある場合はガソリンを満タンにしておくと安心です。

出典:気象庁「自分で行う災害への備え」などを参考にBuzzFeed Japanが作成

2020年03月30日公開

おすすめの記事
台風避難
台風発災時のNG行動
内水氾濫避難の注意点と避難所に行けない時

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。