台風避難

避難する際は周囲の状況を確認してから、複数で行動することが大切です。
大雨・強風などが予想される場合、身を守るための避難ポイントを確認しましょう。

出典: アフロ

目次

避難準備情報が出された場合は、速やかに要援護者の避難を

  • 行政から避難準備情報が出たら、高齢者や乳幼児などの方を優先に、自動車等を使ってすみやかに安全なところに移送しましょう。
  • 高台などの避難所、親類縁者の家、福祉施設等を利用すると良いでしょう。

行政から避難勧告が出た場合は、複数で行動する

  • 行政から避難勧告が出たら、戸締まりをして近所の人に声をかけ、一緒に徒歩で避難しましょう。
  • 運動靴やトレッキングシューズなら、冠水した道路も比較的歩きやすいです。

避難は周囲の状況を確認してから

避難する際は周囲の状況を確認してから避難場所へ向かう。
50cm以上の水深で浸水が発生している場合は、無理に避難してはいけません。

山などの斜面で以下の現象が発生している場合、直ちに斜面から離れましょう。

  • 斜面にひび割れが生じる
  • 小石が落ちてくる
  • 土の匂いがする
  • 斜面から水が湧き出る
  • 湧き水や井戸水がにごる
  • 地鳴りが聞こえる

避難する際の服装

  • 頭を保護するヘルメット等を着用しましょう。
  • 動きやすい長袖と長ズボン、軍手を着用しましょう。
  • 長靴ではなく、普段から履きなれた底が厚めの靴を履きましょう。
  • 両手は空いている状態にし、非常用品等はリュックに入れて避難しましょう。

防災用品を確認する

避難する際の注意点

  • 可能な限り複数人で避難しましょう。
  • 浸水している場合は、傘などの棒状のものを使って地面を探りながら避難しましょう。
    マンホールや側溝付近は大変危険です。
  • 夜間に避難するのは大変危険なので、避難はできるだけ明るい時間に行いましょう。

近所の頑丈な建物に避難する選択肢も

  • 鉄筋コンクリート製の建物に避難しましょう。その際は斜面から離れたフロアへ。
  • 自宅にとどまる場合も、できるだけ高い階の斜面から離れた部屋に
  • 消防、警察、自治体に救助の要請しましょう

出典:レスキューナウ

大雨・台風接近時の避難のポイント

1時間に50mm以上の雨が降ると内水氾濫が発生する可能性がある。

  • 特に危険な場所
    山などの急な斜面、河川、用水路、アンダーパス、地下街。
    このような場所にいる場合は早めに避難所や近所の頑丈な建物へ避難する。橋の下での雨宿りは大変危険。
  • 車で避難する場合の注意点
    浸水深が30cm以上になるとエンジンが停止し、浸水深・流速が増すと、自動車ごと流される場合がある。
  • 屋外への避難が危険な場合の避難方法
    斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動する。

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

2019年07月18日公開

おすすめの記事
台風台風とは
内水氾濫避難の注意点と避難所に行けない時
土砂災害避難のタイミング

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。