国民保護情報時間がない!そのときの行動とは?

武力攻撃やミサイルなどが差し迫った際や、発生した地域において警報が発令された場合に、すみやかにとっていただきたい行動があります。

出典: アフロ

屋内
  • ドアや窓を閉める。
  • ガス、水道、換気扇を止める。
  • ドア、壁、窓ガラスから離れて座る。
屋外
  • 丈夫な建物や地下街など屋内への避難。
  • 自動車の場合は、道路外に車両を止める。
  • 車を置く際には、キーをつけたまま左側に寄せる。
急な爆発が
起こった場合
  • 姿勢を低くし、身の安全を守りましょう。
  • 物が落下している場合は、テーブルなどの下に身を隠しましょう。
  • 爆発が起こった建物などからは、速やかに離れましょう。
火災が
発生した場合
  • できる限り低い姿勢をとり、急いで建物から出ましょう。
  • 口と鼻をハンカチなどで覆いましょう。
瓦礫(がれき)に
閉じ込められた場合
  • 爆発などのおそれがあるため、ライターなどに火をつけないこと。
  • 粉じんなどを吸い込むおそれがあるため、むやみに動き回らないこと。
  • 動く際には、口と鼻をハンカチなどで覆いましょう。
  • 自分の居場所をまわりに知らせるために、配管などをたたきましょう。
  • 粉じんなどを吸い込むおそれがあるので、大声をあげるのは最後の手段としましょう。

出典:内閣官房 国民保護ポータルサイト

2019年09月04日公開

おすすめの記事
国民保護情報国民保護情報ってなに?
国民保護情報避難指示があったら?
電気災害時のスマホのバッテリー節約テクとスマホ利用法

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。