土砂災害避難のタイミング

各自治体から発令される避難情報には、危険度の低い順から、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」があります。

出典: 日本気象協会推進「トクする!防災」

目次

いつ避難したらいいか

各自治体から発令される避難情報には、危険度の低い順から、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」があります。
「避難準備・高齢者等避難開始」が発令された段階から主要な指定緊急避難場所が開設され始めます。

夜暗くなってからの避難は危険ですので、日没前の明るいうちに避難を完了できるようにしましょう。また、危険を感じる場合などは、自らの判断で早めに避難することも重要です。

[危険度高:避難指示(緊急)] まだ避難が済んでいない場合は、ただちに避難する。外出することが危険な状況で屋内に残っている場合は、屋内で安全確保をする。(水害・土砂災害の場合:建物の斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動する。) [危険度中:避難勧告]一刻も早く避難する。地下空間にいる場合は、速やかに安全な場所へ避難する。 [危険度低:避難準備・高齢者等避難開始] 避難に時間を要する方(ご高齢の方等)がいる家庭、あるいは危険な地域に住んでいる方は、避難を開始する。気象情報に注意を払い、いつでも避難できるよう準備をする。避難が必要と判断する場合は、避難を開始する。

土砂災害警戒区域や土砂災害危険箇所から外に出る

土砂災害の前兆現象と思われるものがあるときや、不安を感じたら避難勧告などがなくても早めに土砂災害危険箇所から外に出るようにしましょう。

何か起きてからでは避難できない

頭を保護する土砂災害は、そのスピードとパワーが凄まじいため、災害が起きてから避難しようとしても、間に合いません。
避難指示、土砂災害警戒情報等が出てからでは遅い可能性もありますので、不安を感じたら雨が弱いうちに避難準備を進めたり、土砂災害の危険性が無い地域へ外出してしまうなど、早めの避難行動をとりましょう。
近所の土砂災害危険箇所の外にある親戚の家に行くのも避難の1つです。

避難する際には十分な注意を

万一、危険が迫ってきたら、冷静に状況を判断しながら、安全な避難を心がけましょう。また、夜間の避難は危険ですので、明るいうちに避難を完了できるようにしましょう。
どうしても屋外への避難が困難な状況下などやむを得ない場合には、建物の斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動しましょう。
(土石流が想定される箇所においては、危険な区域の外へ退避する、もしくは堅牢な建物の高層階に避難することが基本です。)

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

避難場所を確認する

避難するときは

  • ガスの元栓を閉め、電気のブレーカーを落とし、戸締まりを確認しましょう。
  • 車での避難が危険な場合があります。
  • 河川には近づかないようにしましょう。
  • 冠水しやすい道路は避けましょう。
  • やむを得ず、浸水している道路を通る場合は、傘などの棒を使って安全を確かめましょう。

避難する際の服装

  • ヘルメット等で頭を保護する。
  • 動きやすい長袖と長ズボンを着用する。
  • 普段から履きなれた底が厚めの靴を履く。(裸足や長靴は危険)
  • 非常用品(食料品含む)は両手が空いている状態にするためにリュックへ入れる。
土砂災害から避難する場合の心得
  • 早く土砂災害警戒区域や土砂災害危険箇所から外に出る
  • 周囲の状況を確認し、できるだけ浸水していない場所を歩きましょう
  • 土石流については、土砂の流れる方向に対して直角にできるだけ高い所に避難する
  • 屋外への避難が困難な場合は、建物の斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動する
  • 自らの身は自らで守る

避難勧告・避難指示や大雨警報が解除されるまでは戻らない

土砂災害は降雨のピーク時を過ぎて小康状態になっている時にも発生する可能性があり、突発的に発生するため、避難した後も情報や呼びかけに注意しましょう。

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

2019年02月14日公開

おすすめの記事
河川洪水発生と注意点
地震知識と備え
災害時の知恵身近な素材の活用術

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。