応急心肺蘇生法

災害時は救急隊の到着が遅れることが予想されます。
ここでは倒れている人を発見した時に、意識の確認から「心肺蘇生法」の流れをご紹介します。

出典: 東京都発行「東京防災」

  1. 倒れている人の意識を確認
    災害時は救急隊の到着が遅れることが予想されます。倒れている人を見たら、肩を軽くたたき「わかりますか!」と呼びかけます。
    返事があるか、手足が動くか、ケガの痛みへの反応、意識の有無を確認します。

  2. まわりの人に協力を求める
    反応がなかった場合は、大声で「誰か来てください。人が倒れています。」と近くの人に協力を依頼します。
    また、安全な状況であれば、協力者にAED(自動体外式除細動器)の搬送をお願いし、応急手当を行いましょう。

  3. 呼吸を確認する
    倒れている人の胸とお腹の動きをしっかり見て、呼吸の乱れがないか、10秒以内で確認します。
    胸とお腹の動きがなければ、「普段どおりの呼吸なし」と判断して、胸骨圧迫を行います。

  4. 胸骨を圧迫する
    胸の中央に両手を重ね、成人の場合には胸が少なくとも 5cm沈む程度の強さで圧迫します。1分間に100回のテンポで行います。
    胸骨圧迫と人工呼吸を組み合わせる場合は、胸骨圧迫 30回と人工呼吸2回のサイクルを組み合わせます。

  5. 人工呼吸をする
    あごを上げて気道を確保し、額に当てた手の親指と人さし指で鼻をつまみます。
    人工呼吸用マウスピース(※注)を使用して、空気が漏れないよう口を覆い、1秒ほど息を吹き込みます。そのとき、胸が持ち上がるのを確認します。

  6. AEDを使う
    AEDの電源ボタンを押します。電極パッドを胸に貼り、電気ショックの必要がある場合は音声メッセージが流れるので、傷病者から離れ、ボタンを押します。
    メッセージに従って、すぐに胸骨圧迫を再開します。

※注 人工呼吸用マウスピースなどを使用しなくても感染危険は極めて低いと言われていますが、感染防止の観点から、使用したほうがより安全です。

出典:東京都発行 防災ブック「東京防災」176-177ページ

2019年02月14日公開

おすすめの記事
応急傷病者の体位管理
災害時の知恵被災時の足の保護の仕方
災害時の知恵身近な素材の活用術

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。