河川洪水発災時のNG行動

夜に大雨が予想されているときは夕方までに避難しましょう。雨が降り続き不安に思っても川や用水路の様子を見に行かないでください。
ここでは河川洪水が予想される時のNG行動をご紹介します。

出典: 日本気象協会推進「トクする!防災」

目次
水害(河川氾濫)から身を守るためのポイント
  • 夜に大雨が予想されているときは、夕方までに避難する
  • 川や用水路の様子を見に行かない

雨が降り続いて不安に思っても、川や用水路の様子を見に行かないでください。大雨のときに川や用水路の様子を見に行って被災することがよくあります。
河川の様子は自治体などがインターネットでライブカメラや、河川の水位をリアルタイムで公開しているところもあります。様子を見に行かずにこれらの情報から把握するようにしましょう。
不安に感じたときは、避難をするタイミングです。

河川マップを確認する

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

外へ出ない

  • 台風の際は、建物内で通り過ぎるのを待つのが基本。
  • 通過しているときは、外へ出ないようにし、河川や用水路の見回りはやめること。
  • 屋根の補修は、台風が近づく前に済ませておく。

地下施設から地上へ、地上からより高い場所へ避難する

  • 地下施設にいるときは、実際外で降っている雨の状況などが分かりにくく、地上が冠水すると避難路から一気に水が流れ込み、地上に避難することが困難になるおそれがある。
  • 地上に出てからも、指定の避難場所に移動するより近隣の2階以上の丈夫な建物に避難する方が安全な場合もあるため、避難する場合は周囲の状況を総合的に判断し行動する。

流れている水に近づかない

  • 河川や用水路の水があふれ、その周辺にも激しい水の流れができることがある。
  • マンホールや用水路のフタが開いているのに気づかず落ちてしまうケースも多くあるため、雨が降っているときは近づかない。
  • また急な増水のおそれがあるため、雨がやんだ後でも、河川や用水路の周囲だけでなく、流れのある水のそばには決して近づかない。

エレベーターを使わない

  • 暴風によって送電線が切れ、停電になることもあるため、エレベーターの使用は極力避ける。

山などの急な斜面には近づかない

  • 大雨による土砂災害の危険度が高まったとき、土砂災害警戒情報が発表される場合がある。
  • 土砂災害警戒情報が発表された場合は、すみやかに避難する。
  • 発表されていなくても、「斜面から小石が落ちてくる」、「湧き水がにごる」などの前兆現象が見られた場合は、安全を確保したうえで避難するとともに、自治体や警察、消防などに通報する。

出典:レスキューナウ

2019年02月14日公開

おすすめの記事
河川洪水避難する時の注意点
河川洪水知識と備え
災害時の知恵ロープの結び方

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。