土砂災害種類と予兆

土砂災害は、台風等の大雨や集中豪雨、地震が引き金となることが多く、突発的に大きな破壊力を持って発生します。
非常時に備えて、日頃から準備をすることが大切です。

出典: 日本気象協会推進「トクする!防災」

目次

土砂災害

土砂災害は、台風等の大雨や集中豪雨、地震が引き金となることが多く、突発的に大きな破壊力を持って発生します。
傾斜が急な山が多い日本は、土砂災害が発生しやすい環境にあります。突発的に発生する土砂災害は、正確に予測することが難しい災害です。

非常時に備えて、日頃から準備をすることが大切です。土砂災害は、土石流、がけ崩れ(急傾斜地の崩壊)、地すべりの3種類に分類されています。

土石流

  • 山腹や川底の石、土砂が長雨や集中豪雨などの影響によって、一気に下流へと押し流される現象です。
  • 規模によって異なりますが、時速20~40kmという速度で、破壊力がとても大きいです。

がけ崩れ

  • 急な斜面が雨水の浸透や地震などの影響によって、突然崩れ落ちる現象です。
  • 突然発生し、かつ崩れるスピードが速いです。
  • 崩れた土砂は、斜面の高さの2~3倍も離れた距離まで届くことがあります。

地すべり

  • 比較的緩やかな斜面が地下水などの影響によって、斜面下方へ移動する現象です。
  • 斜面の表面部分だけが崩れ落ちる現象を表層崩壊といい、表面部分だけでなく深層の地盤までもが崩れ落ちる現象を深層崩壊といいます。
  • 大雨や融雪時に発生しやすく、一度に広範囲が動くため、大きな被害を及ぼします。

雨が降っていていつもと違うことがあったら危険

雨が降り続いている時に、下記のようなことがあったら土砂災害がいつ起きてもおかしくありませんので、すぐに避難するようにしましょう。

また、既に建物の外に出て避難することが危険な状況となっている際は、頑丈な建物で斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動することが有効な場合もあります。

土石流
  • 流れる水が異常に濁っている
  • 流木が流れてくる
  • 地鳴りや土臭い臭いがする
  • 渓流の水位が急に減少する
がけ崩れ
  • 斜面から水が湧き出す
  • 斜面から音がする
  • 斜面から何かが落ちてくる
地すべり
  • 木が傾く
  • 木の根が切れる音がする
  • 地面に亀裂や段差が生じる
  • 地面が揺れる
  • 地鳴り山鳴りがする
土砂災害の予兆
  1. 自分の居る地域で豪雨や長雨が続いている
  2. 渓流の水が濁り木が流れたり土臭い臭いがする
  3. 渓流の水位が急に減少する
  4. 斜面から物音がする、何かが落ちてくる、水が浸みだす
  5. 地面に亀裂や段差が生じる、木が傾いたり、地面が揺れる
  6. 地鳴りがする
  7. いつもと違うことが起きる

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

2019年02月14日公開

おすすめの記事
土砂災害知識と備え
河川洪水発生と注意点
地震知識と備え

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。