津波津波てんでんこ

「津波てんでんこ」とは各自で判断して、てんでんばらばらに逃げることです。

津波って、大きな地震の時にしか来ないよね〜? いや、それは違うよ!

明治三陸沖地震の際には、震度4程度でも2万人を超える方が亡くなったから、震度は関係ないんだよ。当時の教訓から作られた石碑や看板が今も残ってるよ。

じゃあ津波の時には一緒に逃げようね。ダメダメ! 待ってないでひとりでも逃げないと。 どうして?

東日本大震災の時も、「津波てんでんこ」という教えで多くの子どもたちが助かったんだ。津波てんでんことは、各自で判断して、てんでんばらばらに逃げること。

2019年04月18日公開

おすすめの記事
津波避難と注意点
津波地震があったら津波を考える
地震発生その瞬間

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。