津波避難と注意点

大津波警報・津波警報・津波注意報が発表された場合はすぐに高台などの安全な場所へ避難をしましょう。
また、事前に浸水地域や避難場所、避難経路などを予め確認しておくのが重要です。

出典: 日本気象協会推進「トクする!防災」

目次
津波から避難するときの心得
  • 海辺に居る時に地震で揺れたら、真っ先に避難を!
  • 近くの高台や津波避難ビル、より高く頑丈な建物へ!
  • 大きな河川の周辺にいるときは、川から離れて避難を!
  • 避難したら津波警報注意報が解除されるまで絶対に戻らない!

津波警報・注意報が発表されたらすぐに避難

津波の威力はとても強く、20~30cm程度の高さであっても、水が一気に押し寄せてくるため、健康な成人でさえ流されてしまうことがあります。大津波警報・津波警報が発表された場合は、市街地などへの浸水の危険性がありますので、一刻も早く高台など安全な場所へ避難しましょう。
津波注意報が発表された場合でも海や川の河口から離れましょう。

予想される津波の高さは、1m、3m、5m、10m、10m超の5段階で発表されます。例えば、3~5mの津波が予想された場合は、「大津波警報」が発表され、「予想される津波の高さは5m」と発表されます。

地震の規模(マグニチュード)が8を超えるような巨大地震が発生した場合は、最大の津波想定等をもとに津波警報・注意報が発表されます。
この場合、最初に発表される大津波警報や津波警報では、予想される津波の高さが「巨大」や「高い」と表現され、非常事態であることを伝えます。

津波の高さを「巨大」という言葉で大津波警報が発表された時は、東日本大震災のような巨大な津波が襲うおそれがあるため、ただちにできる限り高いところへ避難してください。

震源が陸地に近いと津波警報が津波の襲来に間に合わないことがあります。強い揺れや弱くても長い揺れがあった場合は、すぐに避難を開始しましょう。

予想される津波の高さ [大津波警報(数値での発表は10m超(10m〜)、10m(5m〜10m)、5m(3m〜5m)が含まれ、巨大地震の場合の発表は巨大)と津波警報(数値での発表は3m(1m〜3m)、巨大地震の場合の発表は高い)] 沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなどの安全な場所へ避難してください。「ここなら安心と思わず、より高い場所を目指して避難しましょう。」 [津波注意報(数値での発表は1m(20cm〜1m)、巨大地震の場合の発表は表記しない)] 海の中にいる人は、ただちに海から上がって、海岸から離れてください。

とにかく早く高い場所に避難する

津波からの避難ポイント

とにかく高い所へ!
強い揺れや弱くても長い揺れ、または「津波警報」等を見聞きしたら、すぐに海岸から離れ、可能な限り高い場所へ避難しましょう。

  • 過去の事例などからここなら安心といった油断は禁物。
  • 津波は何度も襲来し、最初の波が一番大きいとは限らない。

津波が予想されたらすぐに高い場所に避難!

津波で避難するときは、「遠く」より「高い」場所に避難することを意識しましょう。自動車での避難は道路の渋滞に巻き込まれるおそれがあるため、原則、徒歩で避難しましょう。

想定されている津波浸水の高さ以上に位置する「津波避難ビル」やできるだけ頑丈で高い建物に避難してください。木造の建物は、津波による浸水の高さが2m程度になると倒壊する可能性が高いです。
避難所に指定されているところであっても、洪水や土砂災害を想定して指定されている場合もあり、津波からの避難には適さないこともあります。津波の浸水の危険性がないかをしっかり確認し、安全な避難場所を家族で決めておきましょう。

川は津波がさかのぼるのを遮るものがないため、市街地よりも内陸へ進みます。海からではなく、川から津波が襲ってくることもありますので、川から離れる方向に避難しましょう。津波は沿岸の地形などの影響で局所的に高くなる場合があります。
予想される津波の高さだけで、ここなら安心と思わずにより高い場所を目指して避難しましょう。

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

避難する時の注意点

避難は「原則」徒歩で
  • 自動車での避難は道路の渋滞に巻き込まれるおそれがあるため、可能な限り徒歩で避難する。
  • 東日本大震災(2011年)では、道路が渋滞し避難者が混乱した。
「川沿い」を避ける
  • 津波には川の河口から上流に向かって逆流するパワーがあり、河口から数十キロの地点まで津波が遡上(そじょう)したこともある。
  • 沿岸の地形などにより、遡上する距離も変わってくるが、河口から離れた地域でも川沿いを避けるようにする。
木造の建物には逃げない
  • 木造家屋は、津波による浸水の高さが2m程度になると倒壊することがある。
  • 浸水が1m程度でも半壊の被害が出ることがあるため、木造家屋に住んでいる方は、すぐに高台などの安全な場所へ避難する。
間に合わない場合は鉄筋コンクリートの建物へ
  • 高台まで距離があり、避難が間に合わないと判断した場合は、鉄筋コンクリート製の建物のできるだけ高い階まで逃げる。
  • 事前に周囲の鉄筋コンクリート製の建物を確認しておきましょう。

出典:レスキューナウ

避難したら絶対に戻らない

津波は1回だけではありません。津波の高さも第2波、第3波と高くなることもよくあります。高台へ避難した後に「津波が来なかった」「来た津波があまり高くなかった」などで安心して避難場所から自宅に戻ることは絶対にしないでください。津波は長い時間繰り返し襲ってきます。

大津波警報や津波警報が発表されている時には、観測された津波の高さを見て、これが最大だと誤解しないように、最大波の津波の高さを数値で表わさずに、「観測中」と発表する場合があります。

東北地方太平洋沖地震のとき、函館では14:49に津波注意報が発表された後、16:15に第1波が観測され、第1波から7時間後の23:35に最大となる239cmの津波が襲来しています。

津波警報・注意報が解除されるまでは、これから高い津波が来ると考えて、絶対に安全な避難場所を離れずに留まってください。

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

2019年02月14日公開

おすすめの記事
地震発生その瞬間
地震震度とマグニチュード
災害時の知恵簡易ランタンの作り方

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。